無料相談会を行います。

無料相談

令和元年になって最初の無料相談会を予定しています。

日時:6月8日(土)

   セミナーの部 :午後1時〜午後2時

   個別相談の部 :午後2時〜午後5時

場所:田迎地域コミュニティセンター

内容:相続・遺言・終活関係

 

終活に向けて「何かしなければ」と思いつつ、漠然とした不安をお持ちではないですか?具体的に問題意識をどのように持てばよいのか、わかりやすくご説明します!

 言ってみれば「転ばぬ先の杖コンサルティング」的な内容となっております!

 

参加ご希望

お問い合わせはお電話を!

古閑公士行政書士事務所

電話 090−4587−5408

もしくは

行政書士古賀洋介事務所

電話 090−5291−4311

 

お気軽にどうぞ!

お申し込み、お問い合わせはこちらからもできます。


行政書士って?

行政書士のバッヂ

行政書士は皆様からの依頼を受け、官公署に提出する書類、権利義務・事実証明に関する書類の作成及びこれらの手続きの代理並びに相談に応ずることを業務としています。

具体的には、建築業や飲食店の開業といった手続や、土地開発にかかる手続の他、各種契約書の作成、遺言書作成、相続手続など幅広い業務に携わります。 

よく司法書士との違いを尋ねられますが、行政書士は司法書士と違って、会社設立登記および土地建物登記の申請にかかる書類作成などはできません。

行政書士を活用するメリット

役所窓口

『これくらいの書類なら・・・』、『自分でできるな!』と、ご自身で作成・提出が容易なものがほとんどで、行政書士へ依頼された経験がある方はそんなに多くないのかもしれません。

しかし、行政手続の中には、作成・提出に当たって相応の準備や作業を要するものがあり、一定の手間や時間が掛かるものが少なくありません。面倒な手続に気を取られることで、本来検討するべきことに集中できなくなってしまうことも考えられます。

行政書士はあなたの身近なアドバイザー

角印押印

行政書士の仕事は、ただ単に書類を作成・提出することではありません。ご依頼者の立場に立って、夢や希望の実現に向けたサポートを行うことが行政書士に託された仕事だと思っています。

また、役所への提出書類作成のみならず、各種契約書をはじめとする権利義務・事実証明関係の書類作成を支援することによって、争い事が起こらないような市民生活の実現に寄与しています。

行政書士は、そんな身近なアドバイザーとしての役割が期待されています。


行政書士の仕事を動画でチェック